Recruit

採用情報

OSKからのアドバイス
新卒者の方へ
中途(転職者)の方へ
既卒で未経験者の方へ
ルート営業の場合
ワンランク上の営業を志す皆さんへ

新卒者の方へ

社会問題の一つとして早期離職があげられます。大学を卒業して、会社に入社し離職する人が3年以内でなんと3割を超えるそうです。短大卒は4割、高校卒は5割、中学卒は7割と信じがたい数字になっています。この現象を各々の離職率の数字をとって、「7・5・3現象」と呼んでいます。実際の七五三と違って喜ばしいことではありません。
時間と経費をかけて、せっかく学校を卒業して、会社に入社し、今から様々な経験を積んで、有意義な社会生活を送るはずが、簡単に離職し、そのままニートとなる人も少なくないそうです。どうしてこのような状況が起きているのでしょうか? 労働白書によると離職の原因のトップは「仕事が合わないから」だそうです。
私の会社では面接では、こういった理由の離職が生じないように、じっくりと会社の概要説明や仕事の内容説明、条件面の提示、将来のビジョン、入社しての具体的な仕事の流れ、社員教育・研修について説明させていただきます。
また、大いに質問をして頂きたいと思います。 弊社が面接で心がけていることは、等身大の会社を伝えることと、将来像を明確に伝え、入社後に「こんなはずじゃなかった」「仕事の内容が違う!」「条件が違う」「仕事が合わない」「会社のビジョンが」示されない」などの、きわめて単純な理由での離職にならないような面接を心がけています。
次に、会社が求める人物像です。
とくに大事にしたいのは、社員の皆さんの「自主性」です。ただ単に上司からの仕事を待っている人、指示がなければ動かなかったり、動けなかったりではなく、「自分で課題を見つけ、自ら学び、自ら考え、主体的に判断し、行動し、よりよく問題を解決する能力」をスタッフの人には求めています。そういった人が集う職場を創造しています。
例えば、社内プロジェクトを立ち上げるのは、社長だけの仕事ではありません。スタッフの皆さんが自分たちで考えて会社に提案してもらって大いに結構です。もっと簡単な事でもいいわけです。この商品を拡売したいんですが!こういったお客様を開拓したいんですが!その延長線上には、「私が考えたこのプロジェクトに会社として、取り組んではどうでしょうか!」という話があっていいわけです。大いに歓迎します。いい考えや、アイデアはどんどん採用していきたいと考えます。これは、なにも営業担当の人に限らず事務職の人にも同様のことが言えます。職場改善や業務改善の提案を是非お願いします。貴方の提案・アイデアを大事にしたいと考えています。

中途(転職者)の方へ

色々な理由で転職を考えている人、仕事にやりがいを見いだす事が出来ていない人、会社が適正な評価をしてくれない、職場環境や条件に不満がある人、様々でしょう。OSKであなたの「本気」を発揮してください。実力を発揮してください。働きがいを見いだしてください。

既卒者の事務職希望の方に望むものは、電話応対の基本やパソコン(PC)の操作はある程度習得されてある方を希望します。
業界や取扱商品が変わっても、基本的な事務職の仕事にかわりはありません。PCでの仕入・売上管理・伝票の仕分(整理)・電話応対が事務職の基本的な仕事です。既卒者で事務職希望の方にはこの基本的な仕事をある程度マスターしている人が望ましいと考えます。しっかりサポートはしますので心配なく。 

次は既卒者で営業希望の方です。営業希望の方は、未経験者でも経験者でもかまいません。仕事の内容によって、未経験者がいい場合、また経験者がいい場合とあります。
過去の採用で未経験者の方も多く採用してきました。お得意先である学校関係等を誠実に、しっかりと営業をすればコンスタントに成績は上がります。未経験者の方でもルート営業はすでに多くのお客様が存在しますので、自分の担当先を責任を持って訪問して、お声かけをしてくれば成績はおのずとついてきます。もちろん経験者がいい場合もあります。それは、ルート営業ではなく、新規開拓の場合です。
経験者の人によっては、新規開拓の営業がやりたくて来られる方もいます。
弊社では複写機やオフィス家具の拡販に力を入れています。すでにOA機器業界、オフィス家具の営業経験がある人、また異業種の営業経験者も歓迎です。
同じ業界からの転職者の方、異業種からの転職希望の方、いずれにせよ貴方の「本気」がものを言います。貴方の「本気」が自己表現・自己実現が出来る会社です。

~既卒で未経験者の方へ~

既卒者・転職者も歓迎します。営業経験がないので心配!という方もいると思います。しかし、経験者で未経験者でも誠実な方であれば営業は必ず成功します。
営業で大事なことは、実践するかしないかです。最初はうまいかないことも多いかもしれません。また、失敗することもあって当然です。失敗の原因を素直に認識し「これは非常にいい経験だった。尊い教訓になった」というところまで心を開く人は、後日進歩し成長する人です。これは、一代で世界の松下電器を築いた、松下幸之助さんの言葉です。この考は、どの業界の営業でも、どの仕事にも共通して言えることです。当然、OSKでも同様です。
営業マンが、成功するかしないかは、皆さんのこの心構えにかかっています。どうぞ、OSKに「学ぶ姿勢」「失敗をする覚悟」で来てください。
前向きな、失敗であれば大いに歓迎します。やらずに後悔するよりも、やって後悔するほうが、あなたの人生が拓けるはずです。

~ルート営業の場合~

OSKのお客様は国・県・市町村機関(官公庁)・小中学校・高校・幼稚園・保育園・一般企業様です。ルート営業が今現在の会社の売上の半分以上を占めています。ルート営業でもっとも大事なのは、会社から与えられたお客様を責任を持って訪問することです。 着実に誠実に満遍なく訪問をしていれば最低限度の受注は獲得できます。次のステップは商品知識を習得して提案型の営業を行うことです。
ただ顔を出すだけでは、新製品や高付加価値の商品、例えばオフィス家具やOA機器の受注は望めません。お客様に投げかけや、お尋ね、商品の紹介をすること、お客様のニーズを探ることが求められます。
ルート営業で大事なのは簡単に言えば「訪問回数×内容=密度」が大事になってくること言う事です。特別難しいことではありません。しかし、この営業の常識的な公式の「訪問回数×内容=密度」を誠実に守ること、訪問することは誰にでも出来るはずです。「訪問回数×内容」の「内容」に差が出てきます。商品知識や提案書や工夫が求められます。「内容」は努力(勉強)しなければ向上しません。これを誠実に実行していけば間違いなく成果は上がります。
営業にとってもっとも求められるものは、「誠実」さです。ルートセールスほど、ある意味簡単なものはありません。しかし、誠実さがない人、与えられお得意先をキチンと訪問することが出来なかったり、商品知識の習得や営業スキルの向上に努める誠実さがなければ難しいものとなるわけです。貴方のその誠実さは必ず営業として花開きます。

~ワンランク上の営業を志す皆さんへ~

誰しもすぐに、定価が100万を超える複写機を売る事は出来ません。最近のデジタルカラー複合機は定価200万を超えるものもあります。オフィス家具の総合提案などでは1千万円を超える事はざらです。少しでも早く成約をとり自信を身につけてもらいたいと思います。
営業マンにとって一番の薬は「売る」事です。 販売会社にとって営業は生命線です。いかに成約に結びつけるかです。
例えば、複写機の営業の話をしましょう。入社して1ヶ月で販売する人、3ヶ月で売る人、半年かかる人、1年たっても売れないない人、様々です。会社によって期間は違うにせよ、あまりにも、長い期間、成果を出すことが出来なければ、 責任を感じて、その人の方から離職することになるでしょう。
こんなことを言うと心配になりますよね。心配しないで下さい。必ず売れますので・・・下記に書き記す事を実践すれば必ず売れます。それではじっくり読んでください。

複写機販売のためにお客様のところに毎日毎日、懸命に営業をしても、うまく成果が上がらないと言う事は当たり前です。会議や研修で習った通りにいかないということも当たり前です。大事なことは、営業は、お客様のニーズを知って、悩みの解決や、やりたいことを支援する仕事と言う事です。
半分以上の時間や力を、お客様のことを知るために割かなければなりません。こちらから一方的に売り込んだり、 立て板に水のように、お客様に商品PRをするより、お客様の話をいかに聞きだすかの方がはるかに重要なのです。
自分は「口下手だから営業はちょっと・・・」と思っている皆さん、口下手より話し上手の方がいいようですが、 話し上手の人が必ずしも成績がいいとは限りません。
逆に、一方的に自分の言いたいことだけを話してしまって、お客様から嫌われてしまえば、なにもなりません。
かと、いて「口下手がいい」というわけではありません。「口下手でもいい」と言う事です。
口下手でもしっかりとお客様に、お尋ねや質問をしてお客様のニーズや現在のストレスや課題を聞いてくる事、 お尋ねすること、質問する事、問いかけ、そして自分が話すより、より多くお客様の話を聴くこと、ヒヤリングする事が大事という事です。
要するに、営業マンにとって突出した優れた能力は必要ありません。ごく当たり前の、問いかけと、聴くという並みの能力こそがもっとも大事ということです。
さて、次に大事なことは、沢山訪問することです。1回や2回で、1ヶ月や2ヶ月で根を上げちゃ始まりません。営業は断られたときからが始まりです。
生涯においておよそ1300もの発明を行ったアメリカの発明家であるトーマス・アルバァ・エジソンは「成功の99パーセントは、いままでのまでの失敗の上に築かれる」という言葉を残しています。
営業の基本は数多く根を上げず訪問すると言う事です。失敗、、失敗、失敗の連続です。エジソンと全くかわりません。数多く失敗する事は、少しずつ成功(成約)に近づいていると考える事が出来るかです。現実に失敗を数多くすればそれだけ頭を痛めます。しかし、次回は、こうやってみよう。同じ間違いはしないようにしよう。失敗から学ぶということです。
誰しも学習能力を持っています。失敗を多くすれば学ぶことが多くなるわけです。それだけ悪いことが改善され、成約に近づいていることになります。営業力が向上していることに自分が気づかねばなりません。簡単に言えば、100回訪問してダメでも、101回目に成約に結びつくということです。80回訪問してして断られたら、あと20回断られれば成約につながるわけですから、喜ぶ事が大事です。何事も前向きに考える事が出来る人と、-志向の人とでは成果が変わります。いや、人生そのものを楽しく過ごすことが出来るか、出来ないかが変わると言っていいでしょう。
複写機の新規開拓は狙いを絞って何度でも行くことにつきます。業績が上がろうが上がるまいが、訪問件数だけは一番になるくらいの気持ちが必要です。
次に、話を聞いて帰ることです。同じお客様に対して、何度も訪問するためには「次回の用件を作って帰る事が大事です。
つまり約束をすることです。お客様が得する、喜ぶ提案をしなければなりません。そのためには、問いかけによってお客様の事情やお困り事を知るしかないのです。
営業は理屈じゃありません。実践するか、しないかだけの違いです。行動しなければ始まりません。

★ポイント 1、たくさん訪問する事
★ポイント 2、問いかけをすること
★ポイント 3、話を聞いて帰ること
★ポイント 4、次回の用事をつくって帰ること(約束を取り付けておくこと)
★ポイント 5、 お客さんのためになる提案をすること

この5点を確実に着実に実践していけば貴方も素晴らしい営業成績を残すことが出来ます。

mynavi

OSKオフィシャルサイト

オンラインショップ「文具王」

SNS